新着情報 新着情報

日本が向かう未来社会の姿 Society 5.0とは

松栄ブログ

日本が向かう未来社会の姿 Society 5.0とは

ソサエティ5.0(Society 5.0)」とは、日本が目指すべき未来社会の姿として提唱されたもので、2016年1月に閣議決定され、政府が策定した「第5期科学技術基本計画」のなかで提唱されている新しい社会のあり方です。

 

内閣府のサイトでは、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)

狩猟社会(Society 1.0)、農耕社会(Society 2.0)、工業社会(Society 3.0)、情報社会(Society 4.0)に続く、新たな社会を指すもので、第5期科学技術基本計画において我が国が目指すべき未来社会の姿として初めて提唱されました。

これまでの情報社会(Society 4.0)では、社会での情報共有が不十分であったが、Society 5.0で実現する社会では、「IoT(Internet of Things)で全ての人とモノがつながり、様々な知識や情報が共有され、今までにない新たな価値を生み出すことで、これらの課題や困難を克服します。また、人工知能(AI)により、必要な情報が必要な時に提供されるようになり、ロボットや自動走行車などの技術で、少子高齢化、地方の過疎化、貧富の格差などの課題が克服されます。社会の変革(イノベーション)を通じて、これまでの閉塞感を打破し、希望の持てる社会、世代を超えて互いに尊重し合あえる社会、一人一人が快適で活躍できる社会となります。」とあり、AI、IoT化といったデジタル化の進展による全体最適の結果、社会課題解決や新たな価値創造をもたらす可能性を指摘している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
と定義されています。
(内閣府ホームぺージ Society 5.0    https://www8.cao.go.jp/cstp/society5_0/ から引用)

 

しかし新型コロナウイルス(COVID-19)の発生後の日本社会の内容を見ると、とてもソサエティ5.0で定義した計画が進んでいるとは思えない状況であるのは皆さんもご承知のとおりでしょう。

IoTが十分整備されておらず、仕事場や学校のオンライン化が十分でないため、各地で仕事、テレワークへの対応が出来なかったり、オンライン授業への対応が出来ないことで学校教育の遅れが危惧されています。

ただこの状況もあって多くの企業や学校がIoTの整備を急いでおり、弊社でも小中学校向けのGIGAスクール(ICTを学びへ生かすための文部科学省が提唱する構想)の整備のために作業を行っています。

まだまだ新型コロナウイルス(COVID-19)は終息の兆しを見せていないこと、働き方改革などの観点からも、絵に描いた餅ではなく本当に日本社会でソサエティ5.0が早く実現されると良いなと思います。

弊社ではGIGAスクールの要となるネットワーク工事や無線LANの工事といった「通信工事」から事務所内の移転に伴う電気配線の「電気工事」や両方を合わせた「電気通信工事」等各種工事を請け負っています。官庁系の仕事も多数行っておりますので知識、技術、経験を豊富に持ったスタッフがおりますので、各種工事のご依頼お問い合わせはお気軽に「お問い合わせ」より、お問い合わせください

関連記事

  • 松栄ブログ

    平成から令和へ時代の移り変わり

  • 松栄ブログ

    三つの「きく」ご存じですか?「聞く」「聴く」「訊く」

  • 松栄ブログ

    新年度になってやるべき事

最新の記事