新着情報 新着情報

最近の若者言葉2020「了解」「りょ」「り」「フロリダ」

松栄ブログ

最近の若者言葉2020「了解」「りょ」「り」「フロリダ」

GWも明け日中は上着がいらなくなるような陽気になってきました。

弊社では4月下旬頃から昨年の台風19号の影響で延期となった前年度の仕事が始まり、慌ただしい日々が始まっています。

また、個人的な話にはなりますが、私も入社して3年目となりました。
今年も新人社員が入社し、歳が近い先輩としての役割を担ったり、新人社員が働きやすいと思える環境を作るのも私達の役割なんだと感じています。

 

私達の立場は社会的に言うと「若手社員」に分類されると思いますが、そんな私たちが聞いてみても最近の「若者言葉」には耳を疑ってしまいます。

というのも、先日とあるテレビ番組で「世代間トークバトル」と題し69歳から9歳の芸能人10人ほどがトークを広げる番組を観ました。

そのなかで最近の「若者言葉」を話題に上げたトークが繰り広げられている場面で、私自身も聞いてびっくりした言葉があったので最近の若者言葉について少し調べてみました。

 

①「了解」の表し方は「り」一文字!?

 

例1

自分:「明日は〇時に××(場所)で待ち合わせね~」

 

相手:「り」

 

この「り」は「了解」を表す若者言葉だそうです。私が学生時代の頃は「りょ」でした。

確かに、メッセージなどのやりとりの前後でこの「り」が使われれば「了解」という意味だろうと推測はできると思いますが何も知らず「り」と返信があっただけでは、何かの送信ミスなのかなと不安になってしまいそうです。

さらに最近の若者言葉には「まり」という「マジ了解」の意味で使う言葉も存在するそうです。そもそも、「了解」とは「物事の内容等が分かり、納得すること。」という意味があるので「り」でも「まり」でも言葉を受け取った側にしてみれば一緒でなければ困ってしまいます・・・。

例1の文章から考えてみると「り」なら了解度80%くらいと考え、ドタキャンや時間か待ち合わせ場所の変更はOKなの?となってしまいます。

「まり」となれば了解度100%~120%なのでドタキャンの可能性や時間と待ち合わせ場所の変更は絶対にないとなります。しかし、理由があって当日になってドタキャンや時間と場所の間違えをしてしまえば何だか相手との信頼関係が簡単に切れてしまうようなことがあるのではないかと懸念されます。

 

②夜など、相手とのメッセージのやり取りを一旦終えたいときは「フロリダ」と返信しやり取りを終える!?

 

例2

自分:「今日の22時から始まる新しいドラマ楽しみだね~」

 

相手:「そうだね~。始まる1時間前だし、フロリダ~。

 

この「フロリダ」の意味は「お風呂に入るから(メッセージのやり取りから)離脱します。」という意味です。

確かに、意味が分かれば上手く言葉を省略したかっこいい若者言葉です。お互い意味が分かっているのであれば使いこなせると思われます。強いて言えば、ここでの注意点はアメリカの都市であるフロリダ州と勘違いをしなければよいだけです。

私もいつか使う時はアメリカのフロリダ州を訪れたときに「フロリダ州はもう夜なのでフロリダして寝ます。おやすみ~。」と送信して相手とのメッセージを終えたいと思います。

 

最近の若者はコミュニケーション不足だと言われています。ですが若者は若者なりに言葉を考えSNSの発展とともにメッセージの簡略化がされ、相手とのやり取りを素早く終わらせたいという思いがあってのことだと私は思います。昔のコミュニケーションと現代のコミュニケーションでは方法や言葉が違うのでただ単にコミュニケーション不足というのは疑問があります。コミュニケーション不足だと言われている現代の若者も社会の場に出れば、しっかりとした言葉を使いこなしているように思えます。ですが、現代の「若者言葉」が世の中に浸透するのは正直怖いです。

 

 

弊社は、若手社員も毎日奮闘して業務に取り組んでいます。それは年が離れた先輩や上司の方々の支えがあってのことです。そのことを忘れず一日一日を大事にして日々精進していきます。また新型コロナウィルス対策もして業務を行っています。それに伴いお客様にはご不便をおかけすることもあるかと思いますが、何卒今後ともよろしくお願いいたします

関連記事

  • 松栄ブログ

    平成から令和へ時代の移り変わり

  • 松栄ブログ

    三つの「きく」ご存じですか?「聞く」「聴く」「訊く」

  • 松栄ブログ

    新年度になってやるべき事

最新の記事