新着情報 新着情報

減災の知識を深める名古屋大学減災館と弊社の減災

防災・減災 松栄ブログ

名古屋市には「減災館」という名古屋大学の施設があります。「減災館」とは、地震や防災の研究者が集まり、全館が建築耐震技術の開発と実験の場となっている施設です。私たちが見学できるのは、1階、2階と免震ギャラリーです。

あまり知られてはいないようですが、一般の人も見学が無料でできます。

1階には、体感・体験の減災ギャラリーと減災ホールがあります。減災ギャラリーは地震被害を体感し「減災」への意識を高めて行きます。減災ホールは、防災アカデミーや各種講演会を実施するなどの施設があります。

また、名古屋市と周辺市町村を空から見た、床面空中写真の展示。高層建物の中で巨大地震に遭遇したときの揺れを映像とともに振動台を使ってリアルに再現した振動再現装置BiCURIがあります。

2階には、地震の災害に関する、歴史の資料が、古い地図、ビデオや新聞記事、各地のハザードマップなどが充実しています。自ら調べ、学習することができるスペースです。

免震ギャラリーでは、ガラス張りになっており、建物の外から建築の耐震、免震、制振の装置を見ることができ、学習することができます。

 

弊社は以前から、災害支援をしていました。(東日本大震災や熊本地震、御嶽山の噴火など)東北地方は未だに地震で揺れています。名古屋も、東海地震や、南海トラフ地震が予測され、いつ災害が起こるか分かりません。自然のことなので、防ぐことは難しいです。しかし、災害を減らすことはできるのではないかと思い、弊社は今まで行ってきた経験と技術を生かし、減災に対しての仕事に力を入れていきます。

弊社のコンセプトは「人々の安全と安心を守る」です。

そのコンセプトから、防災、減災を考え、そのシステムづくり、ものづくり、施工・メンテナンスに力を入れていきます。

その第一弾として販売したのが、事務所内無線放送システムです。各地で避難場所の放送が流れていますが、その避難の指揮を執っている方の安全を確保しながら放送することができる装置です。

今まで培ってきた経験と技術で減災を目指しています。少しでも興味をもたれた方は弊社へお問い合わせください。

関連記事

最新の記事